SSブログ

カロリーナの新作版画が到着しました。 [Carolina Raquel Antich]

IMG_6929.jpg

「抱擁」2019年、シルクスクリーン9版、Ed.50、イメージサイズ34x25cm、シートサイズ49.8x34.8cm


カロリーナ・ラケル・アンティッチより、新作のシルクスクリーン作品が届きました。この作品は、カロリーナにとって初めてとなる版画作品で、ヴェニスにある版画工房ファラーニ・ヴェネチアにて、この夏制作されました。


ファラーニ・ヴェネチアは、1968年にフィオレンツォ・ファラーニによって開設されたシルクスクリーン専門の版画工房で、1970年開催の第35回ヴェニス・ビエンナーレではイタリア館の中に工房を構え、世界各国のアーティストたちとの協働作業を行いました。その後もイタリア内外の200名近いアーティストとのコラボレーションを重ね、その中にはバウハウス最後の巨匠と呼ばれるマックス・ビルから、最近ではアメリカのストリートアーティストOBEY(シェパード・フェアリー)といった名前が連なっています。現在では、2代目のジャンパオロ・ファラーニが運営を行い、引き続き作家のエディション作品の刷版を行うほか、一般向けのワークショップや展覧会等のイベントも開催しています。


IMG_7622のコピー.jpg

IMG_1408 (3).jpg


今回シルクスクリーンに初挑戦したカロリーナは、2011年に描いた同名のアクリル作品をベースに、ファラーニ氏の協力を得ながら製版を進め、最終的には、当初予定していた5版を大きく上回る9版を用いた作品を完成させました。シルクスクリーンというと、アンディ・ウォーホルやキース・ヘリングらのカラフルでポップな作品が思い浮かびますが、出来上がったカロリーナの作品は、どちらかというとリトグラフに近いような繊細な階調を持ちしっとりとした印象を受けます。また、こちらを向いた少女の表情は、原画のアクリル画ではどことなく寂しく不安げに見えるのが、版画作品の方ではほっこりとした柔らかい雰囲気が醸し出されているように思えます。(少女の両頬の部分に、手彩色で薄く紅色が入れられているからかもしれません。)


こちらの作品は、Art-U room Online Storeにて販売を行なっています。


実物はギャラリーにてご覧頂けますので、ご購入をご検討の際は事前にお電話かメールにて予約の上お越し下さい。


IMG_8687 (5).jpg

手前左は原画となったアクリル画の「抱擁」。その右は、左の作品を表紙デザインにアレンジした吉本ばななの「哀しい予感」イタリア語版。奥が今回完成したシルクスクリーンの版画作品。



コメント(0) 
共通テーマ:アート

瀬戸内国際芸術祭2019 ピナリー・サンピタック「黒と赤の家」 [Pinaree Sanpitak]

DSC04240.jpg


瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期(9/28~11/4)が、いよいよ開幕しました。秋会期のみ会場として参加している西部の島々のひとつ、本島にてプロジェクトを行なうピナリー・サンピタックの作品を見て参りましたので、下にリポート致します。



DSC04317.jpg


ピナリー・サンピタックの作品「黒と赤の家」があるのは、丸亀や児島からのフェリーが到着する泊港からバスで5分ほどの笠島地区。この界隈は、かつてこの辺りの海域を仕切っていた「塩飽(しわく)水軍」の本拠が置かれ栄えたところで、江戸時代からの古い町並みがよく残っており、そのまま時代劇のロケができそうな雰囲気。



DSC04236.jpg


そんな趣のある小路をしばらく歩くと、ほどなくピナリーさんの「黒と赤の家」に到着。入り口で出迎えてくれる簾の様なインスタレーションは「マーライ」という作品。タイの寺院などでよく見かける花飾りをモチーフとした作品で、白い生地を花状に折り連ねたものに、隣にある島民の共同農地で栽培された千日紅の赤い花が、所々に挿まれています。ちなみに千日紅のタイ語名は 'Ban Mai Roo Roi'と言い、「永遠に咲き続ける」という意味だそうです。日本語でもタイ語でもよく似た縁起の良い意味を持つこの花を用いた作品が、来場者を穏やかな安らぎの空間へと導いているようです。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:アート