SSブログ
展覧会 / 他会場 ブログトップ
前の10件 | -

「想起された情景」展終了しました。 [展覧会 / 他会場]

カロリーナ・ラケル・アンティッチが参加したBunkamura Galleryでのグループ展「想起された情景」が終了いたしました。コロナ禍の中、会場に足を運んで頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
下に展示風景の写真を何枚かアップしましたので、会場でご覧頂けなかった方は、こちらで雰囲気をお楽しみ下さい。

DSC04970.jpg

DSC04972.jpg

DSC04977.jpg

DSC04996.jpg

DSC04998.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:アート

KYOTOGRAPHIE & KG+ 2020 [展覧会 / 他会場]


DSC04894.jpg

 福島あつし「弁当 is Ready」展示風景、会場 伊藤佑 町屋

 

Art-U roomでは昨年末に、前回より新設された公募セクション"KGSELECT"の受賞者3/組による展示を行いましたが、今年のKYOTOGRAPHIEおよびKG+には、その内、グランプリを受賞した福島あつしさんと、パリファーストフロアギャラリー賞に選ばれたウスイチカさん(昨年は旦那さんとのユニット、チカ&イチオ ウスイとして参加)のお二人も参加されています。もう一名、来場者投票によるパブリックアワードに選ばれたアルメル・ケルガールさんも、本来ならアンスティチュ・フランセ関西での展示が予定されていたのですが、残念ながらコロナの影響によりキャンセルとなってしまいました。

 

最初に訪れたのは、"KGSELECT”の会場となる西本願寺近くの元・淳風小学校。最近廃校となった古い小学校校舎を利用したこちらの建物では、国内外の応募者の中から審査委員会によって選ばれた10名の写真家が、各々教室一部屋を使って展示を行っていました。福島の原発事故、香港の民主化デモ、性暴力といったシリアスなテーマを扱った作品が、それぞれに説得力のある展示方法で並ぶ中、ユーモラスな案山子の子供達が教室に並ぶウスイチカさんの展示室に入った時は、なおさらほっこりとしました。一見ポップに見えるこの展示も、裏には、過疎化が進んだ限界集落と作家自身の家庭崩壊の物語が秘められていることを知ると、ネガティブなテーマも朗らかに跳ね返そうとする作家の意気込みと逞しさを感じました。

 

DSC04888.jpg

ウスイ チカ「The Beautiful Kakashi World」展示風景、会場 元・淳風小学校

 

 

次に訪れたのは、四条烏丸近くの町屋で行われていた福島あつしさんの展示。こちらは昨年の"KGSELECT”にてグランプリを受賞した「弁当 is Ready」を再構成したもので、福島さんが10年にわたり高齢者への弁当配達の仕事を続けながら撮り溜めた写真が、隣り合う町屋二軒を使って展示されていました。最初の町家では、雑然と散らかった独居老人たちの部屋の様子や配達途中の街の風景を写した作品が並び、一方、次の町屋では、老人たちの姿を身近に捉えたポートレートを中心に展示されていました。この構成は、あたかも、当初老人たちの暮らしぶりにショックを受け、葛藤を覚えた福島さんが、次第に、死に近付きながらも粘り強く生きようとする老人たちの生を肯定するに至るまでの心境の変化を追体験するかのように思えました。会場の町屋は、近々取り壊される予定だとのことですが、玄関で靴を脱ぎ、狭くて急な階段を登ったり、座敷に座ったりと、生活感の残る空間を移動しながら鑑賞することにより、作品のテーマが更に強く実感を伴って感じられたように思います。

 

DSC04892.jpg

 福島あつし「弁当 is Ready」展示風景、会場 伊藤佑 町屋

 

 

なお、この町屋は5軒ほどの家が続いた長屋風の造りになっていて、奥側の二棟では、オランダのアーティスト、マリアン・ティーウェンの展示が行われていて、こちらも見応えがありました。どちらの作家の展示も、ヴァーチャルでは伝わらない内容なので、ぜひ現地で体験して頂きたいと思います。

 

 

翌日まず向かったのは、出町柳のつぼみ堂で開催されているイギリス人写真家、マーク・ヴァサーロの個展「going with the FLOW」。ヴァサーロさんは禅に関心を持って来日し、以来30年近く日本に暮らしている方で、花を被写体としたプラチナプリント作品が代表作となっています。近年は伊豆下田に窯を構え陶芸にも取り組んでいて、この展覧会でも写真と一緒に、素敵な陶芸作品を展示されていました。会場のつぼみ堂は、町屋を改装して先月オープンしたばかりのギャラリースペースで、この展覧会がこけら落としとなります。なお、この出町柳エリアには、鴨川デルタを挟んで、やはり先月オープンしたばかりのKYOTOGRAPHIEの常設スペースDELTAもあるので要チェックです。

 

DSC04910.jpg

マーク・ヴァサーロ「going with the FLOW」展示風景、会場 つぼみ堂

 

 

その後岡崎エリアに移動し、今年5月にリニューアルオープンした京都市京セラ美術館(旧京都市美術館)を訪れました。この美術館に立ち寄るのは2014年のバルテュス展以来でしたが、すっかりスマートに改装された建物に驚きました。ちょうど当日は、京都市とアンスティチュ・フランセ関西が主催するニュイ・ブランシュ KYOTOの開催日で、こちらの美術館でもパフォーマンスやライブイベントが行われて多くの来場者で賑わっていました。4月の緊急事態宣言期間中には閑散としていた京都駅周辺も、外国人観光客の姿はほとんど見かけなかったものの以前の人出が戻ってきていて、まだまだ気は抜けないながらも、展覧会やこうした回遊型のアートイベントを楽しめる状況が徐々に戻ってきたことを大変嬉しく感じました。今回は時間的な制約もあり、ほんの一部の展示しか見ることができませんでしたが、ここ数年の混雑ぶりに足が遠のいていた京都の街中を、久し振りにのんびり歩き回る機会を得られたのも良かったです。

 

 

DSC04916.jpg

京セラ美術館で行われていたパフォーマンスの模様

 

______________________

■ KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭
会期:2020919日~1018
https://www.kyotographie.jp


■ 
KG+
会期:2020918日~1018
http://www.kyotographie.jp/kgplus/2020/

 

 

|||||||||||||||||||||
*2020/11/20追記

KYOTOGRAPHIE会期は終了しましたが、上記ブログ記事にて紹介した福島あつしとマリアン・ティーウェンの展示が、期間限定で再オープンすることになりました。詳細はこちらのサイトにてご確認下さい。

https://www.kyotographie.jp/news/#id5997

 

 


コメント(0) 
共通テーマ:アート

勅使河原蒼風展、アート・遊にて開催 [展覧会 / 他会場]

STG_1911_Image_Press_72dpi_1200px.jpg

ⓒ Sogetsu Foundation

この度、大阪のアート・遊では、いけばな草月流の創始者であり、また、彫刻や書画、舞台美術など多岐にわたる創作活動で戦後の一時代を築いた表現者、勅使河原蒼風 (1900-1979)の個展を開催致します。

1900年大阪に生まれた蒼風は、幼時から父のもとでいけばなの修行を始め、26歳にして草月流を創始。既存の華道の型から解き放たれた近代いけばなの礎を築きました。戦後には活動の場を海外に広げ、欧米各地でいけばなの展覧会やデモンストレーションを精力的に行います。1955年パリでの個展で発表された前衛的ないけばなは大きな反響を呼び、タイム誌にて蒼風は「花のピカソ」と称されます。また、1957年に来日したフランスの美術評論家ミシェル・タピエは、彫刻家としての蒼風の仕事を高く評価し、その作品は、同じく彼に見出された具体美術協会のメンバーの作品と共に、以後多くの国際展にて紹介されることになります。

勅使河原蒼風の創作活動は、いけばなのみに留まらず、早い時期より絵画や書、彫刻の制作にも深い情熱が注がれました。特に「古事記」等から着想を得て、木と金属や石等の異素材を組み合わせて作られたダイナミックな抽象彫刻作品には蒼風の造形感覚が良く表されており、「いけばなは絵だという、音楽でも、彫刻でもある」と語った蒼風の、総合芸術家としての美意識が色濃く反映されている様に思えます。

この度の展覧会は、勅使河原蒼風の膨大な創作活動のほんの一端を紹介するものですが、彫刻、絵画、書による作品十余点を展示致します。東京のタカ・イシイギャラリーにて同時開催されます勅使河原蒼風展と併せて、ぜひご高覧下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

勅使河原蒼風 展

会 期:2019年11月29日(金)~12月6日(金)11:00-17:00
    12月1日(日)は休廊

会 場:アート・遊 大阪市中央区北浜3-2-24北沢ビル1F
    TEL. 06-6201-0221
    http://art-u.gallery/access/

協 力:草月会、タカ・イシイギャラリー
  
IMG_8896.jpg
展示風景

コメント(0) 
共通テーマ:アート

見応えあり!チャン・ユンチア「Second Life」 [展覧会 / 他会場]

DSC03853.jpg

現在クアラルンプールにて開催中のチャン・ユンチア個展「Second Life」、見て参りました。青い三角屋根が特徴的なマレーシア国立美術館内の会場に着いてまず目に入ったのは、第3回福岡アジア美術トリエンナーレ(2005年)でも展示された「追悼の刺繍」。思い返せばこのトリエンナーレのオープニングの後、福岡アジア美術館のボランティアスタッフの方の案内で、一緒に天神にラーメンを食べに行ったのがユンチアとの最初の出会い。あれからもう15年近く経ったのかと思うと感慨深いものがあります。互いに気が合ったのかその後も交流が続き、3年前にはようやくArt-U roomでの個展「水域」を開催することもできました。


少し話がそれましたが、メイン会場に入ると、ずらりと並んだ作品にしばし圧倒されます。ユンチアがまだMIA(マレーシア芸術学院)の学生だった頃の作品から近作まで、選ばれた100点以上もの作品が展示され、まさに半回顧展と言うにふさわしい内容でした。用いられた素材も技法も多種多様で、細部まで細かく描き込まれたモノクロの油彩画や大量の切手をコラージュした作品、貝殻や木の葉、動物の骨といった自然の素材にペイントした作品など。自身の記憶や内省を反映した作品や、架空の物語、マレーシアの歴史や体制に言及した作品など、扱われたテーマからもユンチアの関心の幅広さが伺われます。



DSC03871.jpg

入り口正面には2点の自画像。左手のモノクロの油彩画は、近付いてみると風景や人物、動物で構成されているの分かるトロンプ・ルイユの手法で描かれた作品。右側上の作品は、無数の羽アリの羽根をガラスに貼り付けて作られている。


DSC03864.jpg

会場風景。一昨年札幌のレジデンス・プログラムS-AIRに参加した際に制作された、帆立貝の貝殻にペイントした連作「小樽寓言」も展示されていました。



DSC03866 (1).jpg

こちらは2008年に同じく札幌のS-AIRに滞在した際に描かれた作品の一部。このモチーフは、ヤマト運輸のロゴマークを参考にしたとのこと。他にも様々な企業のロゴに用いられている、架空の生き物だけで構成された作品もありました。



DSC03877.jpg

こちらは2012年にインドのレジデンス・プログラム1 Shanthi Roadに滞在した際に制作された作品「欲望の植物学」の一部。バンガロールの植物園で拾った本物の葉っぱを切り抜きグワッシュで彩色したもので、先の「小樽寓言」と同様、全体で一つの物語となっています。また、裏側から見ると、影絵のようにシルエットだけが浮かび上がるようになっています。


DSC03861.jpg

会場で待ち合わせたユンチアと、ユンチアのパートナーで本展のキュレーションを行なったミンワさんと記念撮影。この後お宅にお邪魔し、二人の愛犬の唐三彩とも再会できました。



上に紹介した作品以外にも、切手を素材にした作品ほか素敵な作品が多くあったのですが、見るのに精一杯で写真を余り撮れませんでした。こちらのサイトに展示作品の写真がたくさんアップされていますのでご興味のある方はぜひ!
http://www.theedgegalerie.com/photo-gallery/chang-yoong-chias-second-life

_________________
チャン・ユンチア「Second Life」
会 期:2018年11月26日 〜 2019年1月31日  *会期は2月24日まで延長されました。

コメント(0) 
共通テーマ:アート

チャン・ユンチア個展「Second Life」 [展覧会 / 他会場]

2018-11-28-5.30.54-PM.jpg

今週よりクアラルンプールのマレーシア国立美術館にて、チャン・ユンチアの大規模な半回顧展「Second Life」が始まりました。90年代の初期の作品から近作に至るまで、また世界各地のアーティスト・イン・レジデンス滞在時に制作されたおよそ百点の作品が一堂に会します。会期は年明け1月末まで。
___________________________
チャン・ユンチア「Second Life」
会 期:2018年11月26日 〜 2019年1月31日

コメント(0) 
共通テーマ:アート

オノデラユキ写真展 [展覧会 / 他会場]

onodera.jpg

本日より京都写真美術館にて、アート・遊コレクションによる「オノデラユキ写真展」が始まりました。町家風の空間に、「古着のポートレート」のシリーズほか15作品が展示されています。秋の京都を散策にお出掛けの際にはぜひお立ち寄り下さい。
___________________________
オノデラユキ写真展  Yuki Onodera Photo Exhibition
会 場:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク1F「月」
会期 / 時間:2018年10月31日(水)〜 11月24日(土)/ 11:00-18:30
会期中無休、入場無料

コメント(0) 
共通テーマ:アート

「東南アジアのコンテンポラリーアーティスト8人」展終了致しました。 [展覧会 / 他会場]

ヒカリエCUBE 1, 2, 3にて開催された「東南アジアのコンテンポラリーアーティスト8人」展、終了致しました。沢山のご来場大変ありがとうございました。


なお、本展にて「器」のドローイングのシリーズを展示したタイのアーティスト、ピナリー・サンピタックが、最近シンガポールのSTPIで行った版画のワークショップの模様がこちらに紹介されています。インタビュー記事へのリンクもありますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。


DSC03239.jpg


DSC03231.jpg


DSC03233.jpg


DSC03238.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:アート

「東南アジアのコンテンポラリーアーティスト8人」展 [展覧会 / 他会場]

hikarie.jpg

明日より渋谷のヒカリエにて始まる「東南アジアのコンテンポラリーアーティスト8人」展に参加します。本展は、小山登美夫氏監修のもと、小山登美夫ギャラリーオオタファインアーツArt-U roomの3ギャラリーの取り扱い作家の中から東南アジアのアーティスト8名をピックアップし紹介するものです。Art-U roomからは、ピナリー・サンピタック、カミン・ラーチャイプラサート、ワー・ヌの3作家の作品が展示されます。渋谷にお越しの際はぜひ覗いてみて下さい。
____________________
Hikarie Contemporary Art Eye vol.10 - 東南アジアのコンテンポラリーアーティスト8人
会 場:ヒカリエ8階、CUBE 1, 2, 3
会期 / 時間:2018年9月21日(火)〜 10月3日(水)/ 11:00-20:00
入場無料

コメント(0) 
共通テーマ:アート

宮崎いず美「UP to ME」in KYOTOGRAPHIE いよいよ今週末まで [展覧会 / 他会場]

DSC02258.jpg


GW休暇中、実家に帰省したついでにKYOTOGRAPHIEに参加している宮崎いず美の個展「UP to ME」を見てきました。祇園四条駅近くの会場を訪ねると、3階建のビルを丸々一棟使った、いず美ワールド全開のとても楽しい展示。折良く本人にも会え、青幻舎から出版されたばかりの写真集「私と私」も入手することができました。

他会場の展示も何ヶ所か回りましたが、普段入れないような印刷工場跡や町屋の蔵を使用した凝った展示で、どこも見応えがありました。会期はいよいよ今週末まで!


IMG_2717.jpg

4月に青幻舎から出版された宮崎いず美初写真集「私と私」。会場にて販売しています。



バージョン 2.jpg

「UP to ME」展会場のASPHODEL。入り口に立つのは本展キュレーターのベルゴンゾ氏。会期中に行われたベルゴンゾ氏と宮崎いず美のトークの模様はこちらのYouTubeリンク先にて見ることができます。https://youtu.be/6ewy0ZgwhE4



IMG_2576.jpg

京都新聞ビル地下の印刷工場跡で開催されていたローレン・グリーンフィールド「Generation Wealth」展。丸太町駅の隣にこんな空間があったのか!?とびっくり。



IMG_2585.jpg

室町通にある老舗の帯屋さん誉田源兵衛の黒蔵で開催されていたロミュアル・ハズメの展覧会。こちらも大変見応えのある展示でした。


_________________________________________



IMG_2392.jpg

こちらは宮崎いず美がジャケ写を担当したフランスのミュージシャンMoodoïd(ムードイド)の新譜"Reptile" (Remixes) 。実は昨年夏に東京で撮影が行われた際にアシスタントとして立ち会ったのですが、炎天下のなか新宿から虎ノ門、四ツ谷へとあちこち移動しながら面白そうな場所でゲリラ的に撮影を行なって行き、そんな状況のなか汗ひとつかかずにポーズを決める彼の姿にプロ根性を垣間見ました。なおMoodoïdは、6月発売予定の水曜日のカンパネラの新譜「ガラパゴス」にて一曲コラボしており、PVでもコムアイと共演する予定とのことです。



コメント(0) 
共通テーマ:アート

「忘れられない、」来春開催。 [展覧会 / 他会場]

Nascosto nell bosco (1).jpg

カロリーナ・ラケル・アンティッチ「林の中のかくれんぼ」2007年、アクリル・麻キャンバス、120x123cm


少し早めの告知となりますが、来年1月より水天宮前のミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションにて開催される春の企画展にカロリーナ・ラケル・アンティッチが出展します。「忘れられない、」と題された本展には、カロリーナの他に銅版画家浜口陽三、彫刻家前原冬樹そしてワックスを素材とした作品で知られる向山喜章の四名の作品が展示されます。なお会期中3月にはカロリーナも来日し、自作の前でのアーティストトークや、親子で参加するワークショップも開催される予定です。そちらの情報につきましては下記詳細のリンク先をご参照ください。

また更には、カロリーナの来日に合わせて、新生Art-U roomでの個展も予定しています。こちらの情報も内容が定まり次第ご案内致しますのでどうぞお楽しみに!

______________
「忘れられない、」
会 期:2018年1月16日(火)〜4月15日(日)
出展作家:浜口陽三、カロリーナ・ラケル・アンティッチ、前原冬樹、向山喜章
会 場:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 中央区日本橋蛎殼町1-35-7

コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 展覧会 / 他会場 ブログトップ