SSブログ

勅使河原蒼風展、アート・遊にて開催 [展覧会 / 他会場]

STG_1911_Image_Press_72dpi_1200px.jpg

ⓒ Sogetsu Foundation

この度、大阪のアート・遊では、いけばな草月流の創始者であり、また、彫刻や書画、舞台美術など多岐にわたる創作活動で戦後の一時代を築いた表現者、勅使河原蒼風 (1900-1979)の個展を開催致します。

1900年大阪に生まれた蒼風は、幼時から父のもとでいけばなの修行を始め、26歳にして草月流を創始。既存の華道の型から解き放たれた近代いけばなの礎を築きました。戦後には活動の場を海外に広げ、欧米各地でいけばなの展覧会やデモンストレーションを精力的に行います。1955年パリでの個展で発表された前衛的ないけばなは大きな反響を呼び、タイム誌にて蒼風は「花のピカソ」と称されます。また、1957年に来日したフランスの美術評論家ミシェル・タピエは、彫刻家としての蒼風の仕事を高く評価し、その作品は、同じく彼に見出された具体美術協会のメンバーの作品と共に、以後多くの国際展にて紹介されることになります。

勅使河原蒼風の創作活動は、いけばなのみに留まらず、早い時期より絵画や書、彫刻の制作にも深い情熱が注がれました。特に「古事記」等から着想を得て、木と金属や石等の異素材を組み合わせて作られたダイナミックな抽象彫刻作品には蒼風の造形感覚が良く表されており、「いけばなは絵だという、音楽でも、彫刻でもある」と語った蒼風の、総合芸術家としての美意識が色濃く反映されている様に思えます。

この度の展覧会は、勅使河原蒼風の膨大な創作活動のほんの一端を紹介するものですが、彫刻、絵画、書による作品十余点を展示致します。東京のタカ・イシイギャラリーにて同時開催されます勅使河原蒼風展と併せて、ぜひご高覧下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

勅使河原蒼風 展

会 期:2019年11月29日(金)~12月6日(金)11:00-17:00
    12月1日(日)は休廊

会 場:アート・遊 大阪市中央区北浜3-2-24北沢ビル1F
    TEL. 06-6201-0221
    http://art-u.gallery/access/

協 力:草月会、タカ・イシイギャラリー
  
IMG_8896.jpg
展示風景

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント