SSブログ

訃報:ヴー・ザン・タン氏逝去 [Vu Dan Tan]

昨晩、ベトナムのアーティストヴー・ザン・タン (Vu Dan Tan) 氏が亡くなられたとの訃報が入りました。氏はこの数年来、ご家族に見守られながら癌と闘病していましたが、今月3日に63歳の誕生日を迎えて間もなくの永逝となってしまいました。クラシック音楽とチャップリンを愛し、童心のような無垢さで生涯創造の世界に遊んだ希有なアーティストとこの世で出会えたことに感謝を捧げると共に、心からのご冥福をお祈りしたいと思います。

ヴー・ザン・タン氏告別式出席のため、Art-U roomは10月20日(火)まで臨時休廊させて頂きます。

■ ヴー・ザン・タン氏のプロフィール
1946年ハノイ生まれ。ベトナムにていち早く西洋演劇を紹介した劇作家の父の影響を受け独学で美術と音楽を学ぶ。1980年代に旧ソ連に滞在し、帰国後、段ボールや空き缶等の廃物を利用した独自の作風を確立。ベトナムの開放政策(ドイモイ)の始まりと共に一躍国際的な注目を集め、フランス、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、フィンランド、台湾、日本他多くの国々で作品を発表。一方、音楽家としてピアノによる即興曲集「Mot Gay」(一日)を録音。また、美術評論家であり妻であるナターリア・クレヴスカヤ氏と共に1990年にハノイに「サロン・ナターシャ」を開設し、ベトナムにおける現代美術の実践と普及に尽力した。

PB030127_2.jpg
氏のアトリエを兼ねたサロン・ナターシャにあるお気に入りのピアノの前に座るヴー・ザン・タン氏。(2003年撮影)


owl.jpg
タバコやお菓子の空き箱を使った氏の代表的作品「巡礼者のスーツケース」(Suitcases of a Pilgrim)のシリーズより「みみずく」(2001年)。


salonnatasha1.jpg
2000年にサロン・ナターシャで開催されたサウンド・パフォーマンスの模様。


icarus.jpg
アメリカのPacific Bridgeの招きにより1990年カリフォルニアで滞在制作された作品「イカロス」。中古のキャディラックを用いたこの作品は翌年ハノイに移送され、郊外にある氏のアトリエに設置された。


2006年Art-U roomにて開催した個展「タノリガミ」のオープニングにて披露されたピアノパフォーマンスの模様。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0