SSブログ

No Music, No Life [音楽]

新カテゴリーです。昔程あれこれ熱心には聴かなくなったけど、音楽は今でも日々の生活を彩る大切な存在。ウキウキな時は気分を盛り上げてくれ、ヘコんだ時は励ましてくれる。最近の小さな楽しみは、寝る前にグラスを傾けながらYou Tubeで気になるアーティストや曲をチェックすること。聴きたい曲を求めてレコードやレンタル屋を探し回っていた頃に比べて随分便利な時代になったものです。このカテゴリーでは、今までお世話になった曲やアーティストに感謝を込めて、独断と偏見でチョイスしたMy Best Tunesを紹介したいと思います。

P1050671-d4b73.jpg
記念すべき第一回目はEBTGことEverything But The Girlの登場。EBTGは高校生の時に出会って以来現在でも飽きずに聴き続けている、最も付き合いの長いアーティストとなりました。Tracey ThornとBen Wattの男女二人のユニットですが、その魅力は何と言ってもトレイシーのヴォーカル。最初に彼女の歌声を聞いたのは、スタカンの名盤「Cafe Bleu」に収録されていた「The Paris Match」だったかと思いますが、それ以来すっかり彼女のクールな歌声に魅了されてしまいました。相方のベンも時々歌っていますが、彼のギターやアレンジのセンスもかなりのものです。
EBTGのアルバムで特に好きなのは「Worldwide」(1991)、「Acoustic」(1992)、「Amplified Heart」(1994)辺りですが、ここのところのヘビーリスニングは「Protection」という曲。少し前の曲ですが、最近iTunes Storeで購入したMassive Attackの「Collected」に収録されていて、アレンジが超カッコいい。時々閉店後にギャラリーの照明を落とし、この曲をガンガン流しながら揺れています。


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 3

michimichi

ETBG、たぶん初めて聴きましたけど、いい感じですね〜♪♪
たしかに、彼女の歌声はクールだけど柔らかくって、カッコイイ。
これから、ちょっと意識して聴いてみます〜〜!

スタカンも、久々に聴かせていただきました〜☆ 懐かしい☆☆

…昔むかし、大学で東京に来て、初めて自力でライブに行ったのが
たしか渋谷公会堂のエルビス・コステロで…
コステロの歌声に痺れたのはもちろんのこと、その晩の前座がやけに心に残ったと思ったら…スタカンだった。。。 ような記憶があります……



by michimichi (2009-04-19 22:39) 

くずはより。

お久しぶりです。
めっちゃ久しぶりにのぞいたら
まあ・・ついこないだ友達と熱く語りあったことが書かれててびっくりですわ。

そうそう、カフェブリュについて。

あのアルバムのA面とB面のテイストがあまりに違いすぎることと、
どう考えてもAのテイストの「You are the best thing」を
Bの中に1曲だけポンと入れた理由について、
ポールウェラーにききたいなあと。
わっざわざひっくり返して「You are~」を聴くわずらわしいことったらなかったね。
AもBもないCDになった今の時代では考えられないことやけど。

カフェブリュを聴いてた高校生っちゅうのも
今考えたらかなりイケてたなあ。
あの頃の音楽はどれもこれも素晴らしかったねえ。
ありがたいことです。
あの頃をしっかり押さえてるだけに、
今どんなに音楽シーンがめまぐるしく変化していっても
あんまりブレない自分がいるような気がします。
いつまでもミスチルから発展しない息子にはイライラしますが。


by くずはより。 (2009-05-23 02:41) 

kiyo

もしやあなたはHマちゃんではあーりませんか?久し振りです。せやけどTGとか人に勧めてた人の息子がミスチルとはビミョ〜やね。お腹の中にいる時からボ・ガンボスとかガンガン聞かせとけば良かったんちゃう?トンフルエンザはついに淀川を渡ったきたそうやけど、気い付けてな。
by kiyo (2009-05-24 01:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0